Masa Ogata, Ph.D.

He is a Human-Computer Interaction researcher at AIST, where he works on human interface and interaction technologies. He received a Ph.D in Computer Science from Keio University in March, 2016. Prior to graduation, he worked as research intern at ATR and Microsoft Research Asia. He gained academic recognition such as Microsoft Research Asia Fellowship 2013 and ACM CHI 2015 Best Paper Honorable Mention. ACM member, IPSJ member.

Contact

Masayasu Ogata
Media Interaction Research Group, ITRI, AIST
1-1-1 Umezono, Tsukuba, Ibaraki 305-8568 Japan

Internship

Research topics

Conference service (Review)

Awards

Funds

Talk


尾形正泰,博士(工学)

2016年慶應義塾大学大学院理工学研究科博士後期課程修了。博士(工学)。 日本学術振興会特別研究員(DC1)、ATR、Microsoft Research Asiaなど 企業研究所でのインターンを経て、現在、産業技術総合研究所研究員。 2013年Microsoft Research Asia Fellowship、 ACM CHI 2015 Best Paper Honorable Mentionなど受賞。 身体性を用いたヒューマンインタフェースの研究に従事。ACM会員、情報処理学会会員。

※ 2013年以降の論文はすべて”Masa Ogata”で投稿しています。

住所

〒305-8568 茨城県つくば市梅園1-1-1 中央第2
情報技術研究部門(メディアG)
尾形正泰

インターン

研究分野

Conference service (Review)


受賞

資金獲得

その他

テレビ

展示

新聞

Talk